試演会の収穫

こんばんは。
本日無事日本入りを果たしました。安田です。
ラスト1週間は本番で使う楽器で直前練習をして、リサイタルに臨みます。

さて、タイトルにある、「試演会」ですが、日本に来る直前に、放送響の同僚たちを前に、打楽器の練習部屋でリサイタルのプログラムを通して弾きました。

僕はリサイタル前に必ず1度は全部の曲を通して演奏する事を実践しているのですが、今回は同僚の1人が、「リサイタルには行けないけど、その前にもし試演会とかするなら是非聞きたいわ」と言い出し、急遽日にちを決めて演奏。
場所も打楽器専用の練習部屋とはいえ打楽器ソロでffやるときは耳がやられるレベル、それでも打楽器の同僚皆と打楽器エキストラでよく来てくれているお姉さん、言い出しっぺの同僚が耳栓を携え(笑)大音量に耐えながら(爆)最後まで聞いてくれた。

やはり通し練習はいい。自分のペース配分もシュミレーションできるし、これからさらに突き詰めてどこを練習するべきか?どの曲のどの部分が足りてないか、よくわかる。

家に帰って撮っていたビデオを見て自分の演奏を確認。

ここをもう少しこうするべきだな...とか
こここんな風に演奏してしまってたのか!とか

色んな発見をしながら見てたわけですがそれよりなにより、
曲ごとに惜しみなく拍手を送ってくれ、最後の曲が終わったあとも声援交じりの沢山の拍手をしてくれた同僚の温かさを客観的に見ることが出来て何だか感動してしまいました。

このオケに入れてよかったなあと心から思えた瞬間でした。

同僚たちだけでなく、日本にも僕を応援してくれている人たちが少なからずいるわけですが、
演奏会は自分だけでなく聴いてくれるお客様と共に創り上げるものなんだな、
と、改めて確認できたことが、今回の試演会の1番の収穫だったように思いました。

リサイタル本番でもお客様と素敵な時間が共有できるよう、あと少し頑張ります。

やすだ

-----------------------------------------------------------------
2008年度青山音楽賞新人賞受賞研修成果披露演奏会
安田直己 打楽器リサイタル ”Master pieces & New pieces”

日時:2015年 11月11日(水) 午後7時開演(6時半開場)

会場:京都青山音楽記念館
阪急嵐山線 上桂駅下車 西へ300M (徒歩約5分)

演奏曲目:M.ウィッタール/  スノーウォッチャー(日本初演、ヴィブラフォン版世界初演)
J.S.バッハ/ソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
E.カーター/8つの小品より
Ⅳ.レチタティーボ  Ⅱ.常動曲  Ⅲ.アダージョ  Ⅶ.カナリア
山根明季子/水玉コレクション No.17(委嘱作品、世界初演)
石井眞木/サーティーン・ドラムス

入場料:¥2,500(一般)・¥1,500(学生)【全席自由】

チケット販売:◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎ローソンチケット ☎0570-000-407(Lコード 53104)
◎チケットぴあ ☎0570-02-9999(Pコード 271-589)
※セブンイレブン、サークルKサンクスでも購入可 ※未就学児入館不可
[PR]

  by hotto-brothers | 2015-11-03 23:20 | 安田 | Comments(3)

Commented at 2015-11-05 00:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hotto-brothers at 2015-11-05 01:27
おばさま、
コメントありがとうございます!そしてサントリーでのコンサ-トにご来場くださりありがとうございます。放送響日本ツアー、とても盛況なようで、すごくうれしいです。演奏クオリティも勿論ですが皆本当に素敵な人たちばかりで、とても満足しています。
僕はツアー自体は降り番(出番がない)ですが、大阪公演だけ頼んで出演する予定です。
さたけが細々とやっていて瀬はもはや投稿する兆しすらないですが(笑)今後ともどうぞよろしくお願いいたします。^^
やすだ
Commented by legal at 2015-11-10 22:11 x
先程、リサイタルの案内が掲示されたページからチケットの取り置き申し込みをしたのですが、投稿は無事に届いておりますか?
非公開にチェックを入れた為か、投稿0のままなので、念の為、御連絡申し上げました。

<< リサイタル終わりました! 2015年11月の出演予定 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE