<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

grosse sonate fuer das hammer klavier

1月30日は、僕にとって記念すべき日となった。さっき、門下の発表会で、ベートヴェンの「ハンマークラヴィア・ソナタ」を生まれて初めて人前で弾き終えた。ベートーヴェンの、最も難しく、45分もかかる長大なソナタだ。死ぬまでに弾きたいと思っていた曲で、このドイツ留学の間にマスターしてやろうと思っていたのだ。2か月前に発表会でこれを弾くと決まってからは、日々ストレスとの戦いだった。不安でしようがなかった。それほど大変な曲なのだ。精神力、テクニックともに、限界への挑戦だ。すべてのピアニストに、この「ハンマークラヴィア・ソナタ」を弾くことをお勧めする。限界にチャレンジすることで、殻が一つ破ける経験ができるのだ。
さっきの僕の演奏は、大して良くもなかったのだが、最も尊敬する作曲家の、最も難しい曲をここドイツで弾けたことは、幸せなことだ。このチャンスをくれたロイシュナー先生に感謝。
もう一つ、今日はたくさんの友達が聴きに来てくれた。僕のこっちでの最後の大きな本番に、わざわざみんな駆けつけてくれたのだ。たくさんの日本人をはじめ、中国人、韓国人、ドイツ人、ウクライナ人・・・、いつも聴きに来てくれる近所のおじちゃんおばちゃん、そして先生ご夫妻。みんなが、「おめでとう」と言ってくれた。人と人のつながりを感じることができた。自分は幸せものです。
帰国が近づいてきた。そんなみんなとももうすぐお別れ。さみしい。本当に。
今は一日一日が大事です。


[PR]

  by hotto-brothers | 2009-01-31 09:04 | 佐竹 | Comments(1)

ご報告

大変遅くなりましたが、

この度私、安田直己は「2008年青山音楽賞 新人賞」を受賞致しました!


これも、今まで僕を育ててくれた全ての方々、そしてリサイタル当日にわざわざ足を運び聴きに来て下さった全ての方々のお陰であると本当に思います。
自分1人では決して成し得ない事でした。ただただ感謝しています。
本当にありがとうございました!!





ホールから受賞の知らせを頂いた時はもう本当に嬉しかったです。


大学院生に進学してからも、様々な挑戦を試みていましたが、

どれもなかなか自分が望む結果には届かずで、一番かけていた管打コンでは体調不良で(それだけでは無いと思いますが)自分の全力を出せずで。


「俺はソロやったらあかんのかな」とか
「向いてないんかな」とか

半ば投げやりな気分で色々悩んでた中、今回の吉報を頂き、本当に救われた気分です。

今回のこの受賞が、僕の今後の人生において重要な意味を持つ事は、間違いないでしょう。


この賞の嬉しい事は、何と言っても海外研修費がもらえて、海外にて勉強が出来る点、そして、研修終了後にまた青山音楽記念館バロックザールで、ソロリサイタルが開催できる(費用はホールがバックアップ)点です!


海外の空気をいまだ味わった事のない人間なので、とても楽しみです。

そして、もう一度あの素晴らしいホールで、演奏会が出来るというのもとても楽しみです!
今から、プログラム構成を企んだりしております(爆)



しかし、このような名誉ある賞を頂けた事は、
大変光栄であるのと同時に、胸が引き締まる思いでいます。

今まで以上に、自分の演奏に責任を持って、お客様にアプローチしていかなければ、ただの一発屋、ラッキーマンで終わってしまうと思います。


この受賞を機に、音楽家として、また人間として、もっと深く、もっと広く成長し続けていこうと思います。

これからも、ご指導、ご鞭撻、温かいご支援、ご声援、宜しくお願いします。。。

本当にありがとうございました!


安田直己
[PR]

  by hotto-brothers | 2009-01-30 01:22 | 安田 | Comments(2)

やすだです!

お久しぶりですあけましておめでとうございます今年も宜しくお願いしますやすだです


年末以降ブログ上から姿を消してしまっていてすみませんでした。
何とか生きてます。


おかげさまで忙しい日々を過ごさせて頂いておりました。
とりあえず、サクッと振り返りますね。


年末年始
兵庫オケのジルベスターコンサートに出演。
この頃から謎の腹痛に悩まされ、正月は食においてほとんど楽しめず。。。。OTL5、6回病院へ。人生初の胃カメラ体験。結局原因不明のまま導音終止(爆)

1/4~
兵庫のオケの定期に出演。
シンバルを担当させて頂きました。本番は芸文センターで3回+明石で1回。
長丁場でしたが勉強になりました。そして体調不良でご関係者には大変ご迷惑おかけしすみませんでした。。。


1/12明石公演


1/13
読響のファミリーコンサートの練習のため単身神奈川へ。
自分のしょぼさを思い知る。
この日のうちに京都へ帰宅。

1/14
エキストラ出演させて頂いた大阪フィルの移動公演の練習日で大阪へ。
ここでも自分のしょぼさを思い知る。

1/15
大阪フィル@出雲。
行きの電車で乗り物酔いしつつも根性で治し無事(?)終演。
宴会での食べ物が新鮮で凄く美味しかったです。


1/16
出雲→大阪。
大阪の川○楽器で練習。。。するも全然集中できず撃沈。。。OTL京都へ帰宅。


1/17
大阪フィル@神戸ポートピアホール
ポートライナーに感動。
15日の時よりは幾分リラックスして望めました。


1/18
読響ファミリーコンサート@大阪
去年も出演させて頂いたイシハラホールでのコンサート。
前半はティンパニ、そして後半は打楽器を担当しました。
やはり自分のしょぼさを思い知る(3回目)
でも、すごく勉強になりました!



。。。と、ここまでが怒濤の日々でして、さらに1/26に学内で実技試験(1時間弱のソロリサイタル、修士演奏Ⅰというもの)があったもんでしたから、それまでは鬼練習の日々でした。


1/26の試験では、バッハのヴァイオリンソナタ1番、カーターのエイトピースよりⅣⅢⅦ、カルスの4つのインヴェンションを演奏。

ご来場下さった方、本当にありがとうございました。
今できる全てをもって、本番は自分の音楽を出し切りました。

しかし、本番の出来には、それまでにかけた練習時間、練習量、準備を考えると、納得は出来ましたが、満足は出来ませんでした。
直前まで別の演奏会を入れていて正直この試験に集中出来なかった事は、これからの自分にとって大きな反省点であると思いました。


学内で演奏するコンサートとしては、(少なくとも在学中では)最後のコンサートだった訳ですが、6年間京芸で勉強してきて、ようやく音楽家としてのスタートラインに立つ事が出来たのかな、と感じました。これからが本当の意味での始まりではないのかと。

このコンサートが、未来になって良い思い出となれるよう、精進していきたいと思います。


これからも応援宜しくお願いします!

やすだ



続く~
[PR]

  by hotto-brothers | 2009-01-30 00:03 | 安田 | Comments(0)

やすだ!2

やすだくん。この度は青山音楽賞新人賞の受賞おめでとう。僕も、とある筋から情報を得ました。(きくもと師匠電話ありがとうございました!)
非常に励みになりました。この結果を呼んだ、あなたの実力と努力に乾杯。


[PR]

  by hotto-brothers | 2009-01-25 18:37 | 佐竹 | Comments(0)

Re:ベルリン

ベルリさたけと会えてよかったぜ。

ポリーニ×バレンボイム×シュターツカペレ・ベルリンのシューマンを聴衆として聴いてきました。生まれて初めてシューマンを聴いた気がしたよ。あんなシューマン、死ぬまでにもう一度聴けるかどうか。

総合音楽監督の彼が来ると、オケはやっぱりいくらかピリピリしていたと思います。しかしあなたが言うように、そんな極度の集中状態においてもなお、どこまでも人間臭いんですよね。ベルリンフィルが神業の連発だとしたら、シュターツカペレは人間業の連発だと言ってみてもいいかもしれない。でも、人間業は時に神業を超えることもあるんだと、この街に来てから知りました。そういう音楽が、僕はやりたい。

「本来の音楽家のありかた」 って何なんすかねぇ。音楽家であるためには、人に認められることは大事だし、うまく演奏できることも大事だし、お金も大事でしょう。ただシュターツカペレの中で感じるのは、音楽を愛する心と、本当に豊かな感受性と、その自然さでしょうか。

うまくなりたいすなぁ。


[PR]

  by hotto-brothers | 2009-01-07 12:14 | | Comments(0)

ベルリン

あけましておめでとうございます。


年末と新年はベルリンのせの家で過ごした。

彼は、31日と1日の二回、シュターツカペレの第九の本番があるにも関わらず、お好み焼きなどをもてなしてくれた。

1日の方の本番を聴きに行った。テレビで見たことのある有名なベルリン国立歌劇場だ。世界一流のオケのステージの左端で、たわし頭のせが奮闘していた。信じられないが確かに彼はステージに立っていたのだ。終演後、ホールを出ると、ちょっくら弾いてきましたって感じで、もう入口のところに彼はいた。なんかめちゃくちゃ慣れてるじゃないですか。

世界一流といえども、オケの雰囲気は、そこまでピリピリしてはいないらしい。みんなが、生活の一部として音楽をやっている。それが演奏にも表れていた。うまさをみせつける演奏ではない。とても人間的。3楽章のpがどれほど美しかったことか。

これが本来の音楽家のありかたなのかも知れない。日本にいるときは、「いかにうまくなるか」ばかりを考えていた。美しい音楽を創るという目的がいつにまにかどっかに行き、人よりうまくなり、人に認められるということことだけを追いかけるようになっていた。そうでもしないとやっていけないのだ。

そもそもうまくなるとは何なのか。がんばるとは何なのか。

ドイツに来てから、よく考えるようになった。

さたけ
[PR]

  by hotto-brothers | 2009-01-04 03:46 | 佐竹 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE