<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

休暇宣言

こんにちは。

リサイタルは無事終わりました。来てくださった方々ありがとうございました。

やはり短期間で仕上げたプログラムを舞台で弾くのは恐ろしく、音楽に入り込めず終わってしまった感があります。もっと熟成させる時間が必要でした。

が、余裕のない中でも、少しだけ自分の進歩が感じられることもありました。できることが、1ミリずつでも増えていくのは嬉しいものです。



さて、昨日までは伴奏の仕事があったのですが、今日からは何もありません。待ちに待ったお休みです。

やった!

ここ数ヶ月は、不安で動悸が激しくなったり、夢のなかで人に追いかけられたりしたもんですが、そんな日々からは解放されます。

うれしくてたまりません。

1週間音楽から離れます。何もしません。ピアノを弾くなんてもってのほかです。

音楽なんて大っきらい!

それではみなさんさようなら。

さたけ
[PR]

  by hotto-brothers | 2010-06-23 10:56 | Comments(0)

Re: さたけ追いこまれています Re: やすだの6月7月

やすだもさたけも超忙しそうですね。

僕はそこまでではないのですが、ちょうど今、Staatskapelle の Beethoven Bruckner チクルスの練習に参加してます。ピアノ協奏曲ぜんぶ+Vn協奏曲と、ブルックナー4~9番というプログラムです。もちろん僕は全ての曲に乗っているわけではありませんが、自分にとって初めての曲ばかりなので大変です。

しかも、いまStaatskapelleは同時並行でワーグナーのCD録音をやっています。もちろん僕は参加してませんが、皆さんは、僕から見る分には割と軽々とこの過密なスケジュールをこなしておられます。あのオケの皆さんと総合音楽監督ダニエル・バレンボイム氏は一体どうなっているのでしょうか。圧倒的なエネルギーとチームワークと経験と技術と愛と、その他もろもろに、畏怖の念を禁じえません。今日はブルックナー5番の練習だったのですが、弾きながら鳥肌を禁じえませんでした。

明日はブルックナー6番の練習に参加してきます。音楽のよろこびを禁じえずに演奏して参ります。



P.S. さたけが持ってる、バレンボイム氏のベートーベンP協全曲弾き振りライヴDVDや、ベルリン・フィルとのブルックナー全集のCDを購入したいという気持ちも禁じえません。
[PR]

  by hotto-brothers | 2010-06-15 05:54 | Comments(1)

やすだの6月7月

こんばんは。
ブログ放置でごめんなさい。

最近やることが多すぎて脳みそパンクしてます。やすだです。

というわけで6月7月はくそ忙しいのです。


先週PAC6月定期がありました。ショスタコ9番、バルトークオケコン、小太鼓やりました。
どちらもそれぞれに難しさがあり、なかなか集中力の要る本番でした。こういうとき3回本番は良いのか悪いのか。。。終わったらヘトヘトでした。

オケコン(オーケストラのための協奏曲ね)は2楽章で小太鼓のドソロがあり、オケスタ(オーケストラスタディね)に出てくるようなパートなのですが、オケの中で演奏できる機会が持てて大変良かったです。
c0131179_0295824.jpg

そして4月定期同様、今回も某YAMAHAからスペシャルな小太鼓をお借りしました。今回は本皮仕様。(写真は4月の時のものですごめんなさい)

やっぱええ音します。この小太鼓。お気に入り。

芸文大ホールにドソロで響く自分の音は、緊張しまくりながらも心地良かったなあ。ありがたや。



さて、

で、明日から(火曜ね)次の公演のリハーサルが始まります。ベートーベンのピアノ協奏曲全曲演奏会です。

ベートーベンのティンパニパートと言えば、ティンパニ奏者にとって避けては通れない、いや、避けては絶対ダメな、非常ーに重要なレパートリーですが、これのピアコンを全曲やっちゃいます。
ティンパニがあるのは2番除く1、3、4、5番。ソロ満載。

もう、前からやばいやばいやばい、と思って準備はしてたものの、やっぱやばい。今日はひたすらベートーベンでした。

定期終わって一日だけしか休みないとか鬼ですマジで(泣)休みじゃねえこんなんっ。
しかも定期前も一日しか休み無くて、その前は室内楽オケでがっつりだったんですよねえ。。。

つまり

室内楽オケ→休み1日→定期→休み1日→ベートーベン





いつ練習したらええねんっていうスケジュールですw


まあ。でも、気合でギリギリ間に合った!はず(爆)明日からのリハーサルが楽しみだ。
ベートーベンのティンパニは本当に色んなことを教えてくれる。個人練習にしても、合奏にしても。
頑張ろう。


で、これが終わったら約一週間の休みのあとパーカッションアンサンブルの本番があります。(なので、この期間の休みはこれによってもれなく返上鬼練習週間となります(爆))

これは6月終わりからリハ始まって、7月3日が本番。

11日には植物園でのマリンバコンサートも控えています。

さらに14日からはPACオペラが始まります。


この辺までですね、とりあえず。
今真ん中辺りかな?


脳みそを休ませる時間がないのはストレスですが、それでも演奏会でティンパニや打楽器を演奏している時はこの上ない至福の時です。

日々、ひとつひとつ何かしらレベルアップしていきたいですね。


やすだ
[PR]

  by hotto-brothers | 2010-06-15 00:36 | 安田 | Comments(0)

さたけ追いこまれてます

こんばんは。
6月ですね。暑くなってきましたね。

実は今月にリサイタルを予定しております。それに向けて必死に練習しているところです。
今回無謀なことにも、新曲だけでプログラムを組んでしまいました。
とりかかり始めたのも割と最近。
自分の計画性のなさにあきれますね。
でも頑張ります。ひたすら練習の日々です。

というわけでご案内。他にオケの本番もあるのでそちらも。


6月13日14時
京都コンサートホール大

京都市交響楽団
オーケストラ・ディスカバリー
吹奏楽VSオーケストラ

J.ウィリアムズ:オリンピック・ファンファーレ
リード:アルメニアン・ダンス パート1
レスピーギ:ローマの松

指揮 井上道義

面白いテーマです。オリンピック・ファンファーレのピアノと松のチェレスタ弾きます。


6月19日14時半
神戸芸術センター芸術劇場

佐竹裕介ピアノリサイタル
ブラームス 3つの間奏曲op.117
ベルク ピアノ・ソナタop.1
シューベルト ピアノ・ソナタ変ロ長調D960


チケット一般2000円学生1500円
神戸芸術センターは新神戸駅を降りて徒歩4分のところにあります。

受験生みたいに、ピアノにかじりつく日々。

さたけ
[PR]

  by hotto-brothers | 2010-06-07 22:09 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE